PEUGEOT 3008GT BlueHDi

区間最高燃費23.8km/l
保守から革新へ、変化するプジョーの象徴。
斬新なスタイルと程良いサイズ感が魅力のSUV

かつては、どちらかといえば地味な存在であったプジョーが大きく変化している。その新世代プジョーを象徴するかのように2017年3月に登場したのが、ミドルクラスSUVの3008だ。最大のハイライトはその斬新なスタイルもさることながら4WDに頼ることなく、2WDとは思えないオフロード性能を備えていることだ。

もともと3008は、パワートレインにノーマル/スノー/マッド/サンド/ESCオフという5つの制御モードを持つ『グリップ・コントロール』を備え、最適なトラクションコントロールを実現していた。新型3008は、それをさらに進化させ、オフロードでの急勾配や斜面で対応するヒルディセント・コントロールを追加し、『アドバンスト・グリップ・コントロール』に進化させた。良く知られるようにヒルディセント・コントロールはESCユニットの4輪独立ブレーキを活用したものだが、効果の程はオフロードを走行する3008を見ればわかると思う。その姿はまさに本格的なオフローダーだが、注目してほしいのは、リアタイヤがまったく回転していない点だ。つまり紛れもなく2WDだということなのである。これは3008の大きなアドバンテージといえるだろう。

2WDだけでこれだけハードなコースを走行可能。当然リアタイヤはまったく回っていない。



2WDでありながら5つの走行モードを持つアドバンスト・グリップ・コントロールのダイアル。その奥に、携帯電話の非接触充電スペースがある。

当初4気筒1.6リッターのガソリン直噴ターボに6ATを搭載するモデルのみだった3008に、本命とも言うべきGT BlueHDiが追加されたのは、9月のこと。すで他のモデルに搭載され高評価の2リッターディーゼルターボを搭載することで、より力強く余裕ある走行性能を発揮したのである。

さらに、6速ATの設定であったGT BlueHDiのトランスミッションを、今年の7月に8速AT に変更、進化を続けながら魅力を増している。

180ps(133kW)/3750rpmと400Nm/2000rpmを発生する2リッター直噴ディーゼルターボの力強さは魅力的で、低中回転域での扱いやすさは目を見張るものがある。高速域や、山岳路でも実に力強く不満を感じることなく加速する。

8速ATとのマッチングも良く、シフトの滑らかさが気持ちいい。いかにも効率的で高燃費が期待できる。乗り心地の良さ、ハンドリングの良さもいかにもプジョーらしいもので、尖がったところはないが、しなやかでスポーティさも備えている。SUVの背の高さをあまり感じさせないところも魅力だ。

さて、注目の燃費は期待通りといっても差し支えない。今回走行したのは全行程で、1,659km、内高速道路を約1,188km走り、平均速度は時速60kmで、平均燃費は17.2km/l。プジョーはとくにEcoモードの設定が無い。例によって、速度違反をしない程度に、燃費を強く意識することなく流れに乗って走った。要するに、ごく普通に日常的に走って、これだけの高燃費なのである。

内、高速道路の平均燃費が名古屋から神奈川県の大磯まで253kmを平均速度98km/hで走り、なんと20.0km/lで、JC08モードを上回る。一般道はおおむね平均速度40km程度で、14.9km/lとやはり高速クルージングを得意とするが、驚かされるのは、意図的に高燃費を狙って高速道路の比較的平坦な約22km区間で測定するいつものコースで、時速75kmで走行して、23.8km/lと、高速道路の平均燃費をさらに上回った。

高速道路の平均燃費は名古屋~大磯間253kmを平均速度98km/hで、なんと20.0km/l。JC08モードを大きく上回る。

意図的に高燃費を狙って高速道路の比較的平坦な約22km区間で測定するいつものコースで、時速75kmで走行して、23.8km/lと、高速道路の平均燃費をさらに上回った。

オフロードの走破性、乗り心地も含めた心地よいハンドリング、さらにほど良いサイズやアバンギャルドなスタイルはお洒落、そして表題の高燃費と3008GT BlueHDiの魅力は尽きない。

エントランスライトもお洒落だ。




車名:PEUGEOT3008GT BlueHDi
データ 備考
総走行距離 1658/km 内高速道路約1188km
平均速度 60km/h
平均燃費 17.2km/l
高速道路平均燃費 20.0km/l 名古屋~大磯間約253km
一般道平均燃費 14.9km/l
燃料種類/使用量 軽油/約100リッター
区間最高燃費22km走行時 23.8km/l 時速75km前後で高速道路を走行
スペック/主要諸元
  データ 備考
型式 LDA-P84AH01
全長 4,450mm
全幅 1,860mm
全高 1,630mm
ホイールベース 2,675mm
車両重量 1,640kg
エンジン形式 直列4気筒DOHC コモンレール式直噴
総排気量 1,997cc
最高出力 133kw(180ps)/3750rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)2,000rpm
圧縮比 16.7:1
トランスミッション 8速AT(EAT8)
制動装置フロント ベンチレーテッドディスク
制動装置リア ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット
リアサスペンション トーションビーム
最小回転半径 5.6m
定員 5名
燃料消費率(JC08モード) 18.7km/l
車両本体価格(消費税込み) ¥4,480,000 ¥4,898,380(テスト車)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク